走れリーマン

32歳普通のサラリーマンがお小遣い2万円生活を打開するべくブログをスタート!30代サラリーマンの刺激となる情報を発信中!

読まれるブログの共通点、気付き【ブログ100人PR企画】

f:id:hashiri_man:20190103181612j:plain

先日Twitterで企画を実施しました。

 

 

企画に参加いただいた方、

紹介をご覧いただいた方ありがとうございました。

 

計100名のブログをPRする過程で、

 

”この人のブログ読みやすいし、紹介しやすいな”

 

と感じるブログがいくつかありました。

そういった方のブログアクセス数は軒並み高く、

Twitterフォロワーも多い傾向があった為、

 共通点と、気付いた事を紹介したいと思います。

 

※SEO等のテクニカルな内容ではなく、

 一読者としての気付きとなっています。

 

 

読まれるブログの共通点、気付き【項目】

①伝えたいメッセージが分かりやすい

②読みたい関連記事がすぐに見つかる

③記事タイトル、アイキャッチで内容が分かる

④デザインに統一感がありシンプル

 

読まれるブログの共通点、気付き【具体例】

f:id:hashiri_man:20190103182049j:plain

①伝えたいメッセージが分かりやすい

雑記ブログ、特化ブログに関わらず、

”私はこの情報を発信しています”

とプロフィールやブログタイトルで書かれていると、

記事を読みやすかったですし、PRもしやすかったですね。

 

悪い例:自分のブログの場合

紹介企画に参加した際、自分では

”30代が刺激を受ける情報を発信している”

つもりでいましたが、紹介された内容が、

”紅葉の写真が綺麗”

これは伝えたい内容が伝えられていない例かなと。

 

②読みたい関連記事がすぐに見つかる

”この記事良いな、他も読みたい。”

そう思った時に、1クリックでたどり着けると、

どんどん読み進めていけますね。

 

カテゴリボタンが見つけ易いブログ、

または、サイトマップ があるブログは

記事を探しやすくて読みやすいと感じました。

 

悪い例:自分のブログの場合

サイドバーにしかカテゴリが無く、

スクロールして探さないと見つからない。

たまたま見てくれた人は1記事で脱落してしまう。

 

③記事タイトル、アイキャッチで内容が分かる

各カテゴリに飛び、どの記事を読むか迷う時、

主にアイキャッチとタイトルを見てクリック

するか決めていました。

 

クリックしたくなるタイトルをつける場合、

”何書いてあるんだろう?”

というタイトルで興味を引くより、

 

”この情報が書いてあります”

 

のように得られる情報で興味を引かれる方が

クリックし易いなと感じました。

  

④デザインに統一感がありシンプル

色々な情報、言葉が画面に広がっていると、

複雑な印象を受ける為、探す事を諦めてしまう。

 

出来るだけ少ない情報で内容が分かるブログの方が、

記事を探すという事をしていた気がします。

 

参考ブログの紹介

これまでに紹介した共通点、気付きのなかで、
とても分かりやすく実績もある方を2名紹介します。

 

①まこと@社会人メディアさん(@society_person)

 フォロワー1500人、開設1ヶ月で3000PV

 収益:サーバー代、ドメイン代程

 特化よりのブログ

societyperson.work

 

②コブダイちゃん@生き方改革中(@kobudaichann

 フォロワー3300人

 PV、収益:非公開

 雑記ブログ

kobudaichan.com

 

もしお手本の様なブログがあれば教えてくださいね。 

 

ブログテーマを用いて見やすさ改善

カテゴリボタンや、記事レイアウトなどを変更する際は、

テンプレートを使用すると簡単です。

はてなブログの場合、テーマストアからダウンロードできます。

テーマ ストア - はてなブログ

 

他の人のブログを参考に、

自分はZENO-TEALに変更をしました。

ZENO-TEAL - テーマ ストア

 

一度テンプレートを変更するだけのため、

変更後はそれまでと作業量は変わりません。

 

最後に

これまで紹介した内容は、

ブログ記事の文章について一切触れていません。

 

どれだけいい文章でも、タイトルクリックされなかったら

読んでもらえないですからね。

そんな勿体無い事をできるだけ減らせたらと思い

備忘録として記事にさせていただきました。

参考になれば嬉しいです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。